紅茶通販の茶専科ティチャイチャイ

紅茶 通販 茶専科ティチャイチャイ

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介会員登録カートの中
紅茶 通販 茶専科ティチャイチャイ 送料無料 
ダージリンリンク
アッサムリンク
ニルギリリンク セイロンリンク
茶園別ティーバッグリンク フルーツフレーバードティーバッグリンク
チャイリンク マサラリンク
ハーブ紅茶リンク フレーバードティーリンク 幸せ♪紅茶セットリンク お買い得品リンク
幸せ♪紅茶セットリンク お買い得品リンク

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

美味しい名園の紅茶が買える通販サイト!

茶専科ティチャイチャイにおいでくださいまして、ありがとうございます。(o^▽^)o)ペコッ
当店はインド、スリランカから厳選された紅茶を直輸入し、卸し 通販 をしています。まだ日本では馴染みではない茶葉も取り扱っていきますよ!

紅茶 > スリランカ

スリランカ

スリランカヘッダー 紅茶 スリランカ説明1

スリランカ地図  紅茶 スリランカ説明2スリランカヘッダー3  紅茶 スリランカ説明3

スリランカ紅茶はセイロン島で栽培・生産されています。スリランカセイロン島では数種類の茶葉が生産されていますが、栽培されている地域の標高によってスリランカ茶葉のタイプを3種類に別けることが出来ます。
スリランカでは標高600mまでの地域で栽培されている茶葉はローグロウンティー、標高600m以上1200m以下で栽培されている茶葉をミディアムグロウンティー、標高1200m以上2300mまでの地域で栽培されているものをハイグロウンティーと呼びます。

カテゴリ一覧
ヌワラエリヤ ヌワラエリヤ(2)
スリランカを代表する紅茶の産地であるウバとは反対側に位置する最高地・ヌワラエリアで生産される銘茶です。ヌワラエリア紅茶の水色は淡いオレンジ色で、緑茶に似た適度な渋みと優雅でデリケートな花香が特徴で、ストレートティーとして楽しむのが最適です。茶葉も緑がかっており、茶殻は緑茶のような色をしています。ヌワラエリアのクオリティーシーズン1〜2月には最高級品が生産されます。
ディンブラ ディンブラ
ディンブラはセイロン茶の代表格で、自販機などで売られている缶紅茶にも「ディンブラ茶葉使用」と書かれている商品があるので、聞いたことがある人も多いかと思います。 ディンブラはウバから中央山脈をへだててちょうど反対側の地域で収穫されるハイグロウンティです。1月〜2月が最も良い収穫時期で、ディンブラのクォリティーシーズンとされています。
ウバ ウバ(9)
世界三大紅茶のひとつに数えられている「ウバ」。スリランカ南東部にあるウバの高地は、日中の高温と夜間の冷気のために霧が発生しやすい土地で、これによってバラやスズランの花香(またはサロメチール様香気ともいう)の甘い刺激的な「ウバフレーバー」がつくり出され、特に珍重されて高値が付けられます。ウバは爽快な渋み、特有の香気とコク、明るい真紅色の水色が特徴です。クオリティーシーズンは7〜9月。水色(ゴールデンリング)を楽しむため、ストレートティーがよいとされていますが、ミルクにもよく合います。
ハットン ハットン(2)
ハットンはまだなじみにない地区ですが、味わいは他のハイグロウンティの茶園に負けてはいません。 ヌワラエリヤの西側に位置しています。ハットンの茶畑の風景の美しさはとても有名で高級避暑地でもあります。 これから人気がでる地域だと思います。
ウダプセラワ ウダプセラワ(1)
ウバ地区北部とヌワラエリヤに接しているところが、近年話題に上るようになったウダプセラワの産地です。ウバ、ディンブラ、ヌワラエリヤとともにハイグロウンティーの紅茶産地で、気候的にはウバと似ています。 収穫時期に特徴があり、モンスーンの影響でクオリティーシーズンは2度訪れます。
ボガワンタラワ ボガワンタラワ(2)
ボガワンタラワは中央州の小さな町です。コロンボの位置から東に約150キロ、海抜1514メートルの標高に位置しています。エリア内の茶農園の大部分はBogawantalawaティーエステート株式会社(BPLティー)によって管理されている。
バドゥッラ バドゥッラ(3)
バドゥッラは、スリランカのウバ州バドゥッラ県の都市です。古都キャンディから南東へ60 km、標高約680mの高地地域に位置します。都市を囲むようにバドゥッラ川が流れ、周囲には美しい丘陵に紅茶のプランテーションが広がっています。ウバ州の州都であり、バドゥッラ県の県都でもあります。
キャンディ キャンディ(4)
ミディアムグロウンとは、標高600〜1200メートルに位置する茶園で生産された紅茶の事です。代表的な産地はキャンディーです。 癖がなく、強い個性はないですがバランスのとれた味わいの、いわゆる「紅茶らしい紅茶」が特徴です。
西部中部 西部中部
キャンディの上部にある地域を指します。 まだ有名ではない茶園も多く存在する地域です。ホテルやリゾートも多くあり、人気があります。 紅茶はミディアムグロウンが主になり、さっぱりコクがある紅茶です。 バランスがとても良い良質な茶葉を生産することでも有名です。
ラトナピュラ ラトナピュラ(2)
ルフナやギャルに比べて少々影の薄い紅茶。水色は濃く澄んだ紅色。 茶葉は2〜3センチとかなり大柄のサイズが多く黒い。非常に芳醇で香ばしい独特の香味を放ち、その甘い風味はギャルと同じくチョコレートにも例えられることがあります。 他の低地産ロウグロウンティーと同様に濃厚で豊富なコクを持ち、ボディの強いやや個性のある紅茶です。風味はギャルに似ていますが、ルフナ・ギャルと比較して渋味が弱くまろやかな口当たりで丸い性格。 多くが中東地域に輸出され、チャイなどに使われています。
ギャル ギャル(4)
水色は濃い紅色。ラトナピュラ、ルフナと並んで代表的な低地産ロウグロウンティー。 中東地域などに輸出されチャイ(ミルクティー)用として使われています。 1〜3センチ程の大型のOPタイプの茶葉が多く、茶葉の色は黒ずんでいて、少々個性のある香ばしい独特の香味はチョコレートに例えられることもあります。
ルフナ ルフナ(1)
ルフナは、スリランカの南部。標高が低く、気温が高いため、大きく育った茶葉からは、年間を通してしっかりと強い味わいの紅茶が作られています。 現在、ルフナという地名は残っていません。サバラグムワ地方と呼ばれているが、その名前は紅茶名として現在も語り継がれています。 ルフナの紅茶は時にはウバより高い価格が付きます。
デニヤヤ デニヤヤ(1)
デニヤヤ地区はロウグロウンティーの範囲に入りますが小高い山も存在する地域です。 ルフナなどの地域の風味とはまた違った味わいがする紅茶が生産されています。 有機栽培にも積極的な地域です。
ハリエラ
カルータラ カルータラ(2)
カルタラ県はスリランカ西海岸のインド洋に面した平野部にあり、南北に並ぶ西部州3県の中で南側に位置しています。北でコロンボ首都圏を擁するコロンボ県と、南で南部州のゴール県、東でサバラガムワ州のラトゥナプラ県と接しています。県庁所在地であるカルタラは、県の南北中央西側のインド洋に面した沿岸部に位置しています。
ナニュオヤ(1)
タロワケル(2)
ジニガテーナ(1)
ディックコヤ(2)