紅茶通販の茶専科ティチャイチャイ

紅茶 通販 茶専科ティチャイチャイ

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介会員登録カートの中
紅茶 通販 茶専科ティチャイチャイ 送料無料 
ダージリンリンク
アッサムリンク
ニルギリリンク セイロンリンク
茶園別ティーバッグリンク フルーツフレーバードティーバッグリンク
チャイリンク マサラリンク
ハーブ紅茶リンク フレーバードティーリンク 幸せ♪紅茶セットリンク お買い得品リンク
幸せ♪紅茶セットリンク お買い得品リンク

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

美味しい名園の紅茶が買える通販サイト!

茶専科ティチャイチャイにおいでくださいまして、ありがとうございます。(o^▽^)o)ペコッ
当店はインド、スリランカから厳選された紅茶を直輸入し、卸し 通販 をしています。まだ日本では馴染みではない茶葉も取り扱っていきますよ!

 
 紅茶の歴史

 

紅茶の誕生
 

紅茶の樹は、紅茶やウーロン茶と同じツバキ科の常緑樹で、原種は中国の雲南省からチベット、ミャンマーにかけての山岳地帯に自生していたとされます。

お茶は、中国では有史以前からその葉を摘んで不老長寿の霊薬として珍重していたそうです。初期には薬として高貴な人々が飲用し、飲み物として一般化したのは6世紀以降。このような普及の仕方は、紅茶にもコーヒーにも共通しています。

ヨーロッパにお茶がもたらされたのは17世紀。海上貿易で世界に雄飛していたオランダによって、中国から伝えられました。それが18世紀のイギリス貴族社会で次第に人気を高めていったのです。

当時のお茶は緑茶でした。それが紅茶となった経緯については定説はありませんが、中国のウーロン茶系のお茶がヨーロッパ人の人気を呼び、製造業者が買い手の嗜好に合わせてその発酵を進めているうちに、強く発酵した紅茶が誕生したといわれています。

 

紅茶の流行と大衆化
 

イギリスで最初にお茶が売られた1657年当時、それはまだ“万病に効く東洋の秘薬”としてでした。ところが、1662年にチャールズ2世のもとに嫁いできたポルトガルの王女キャサリンが、中国の茶と当時は貴重であった砂糖を大量に持参し、宮廷に喫茶の習慣をもたらしました。貴重なお茶に貴重な砂糖を入れて毎日飲むという贅沢な習慣は、ポルトガルからきたキャサリンのイギリスに対する示威行為だったかもしれませんが、この贅沢な習慣は次第にイギリスの貴族社会に広まりました。17世紀後半から19世紀初頭までの1世紀余、イギリス東インド会社はお茶の輸入を独占(独占廃止は1813年)し、その取引の利益が大英帝国繁栄の基礎を築いたとさえいわれています。

初めてお茶を商品として飲ませたのは、イギリスの貴族や文化人たちの社交場となっていたコーヒーハウスで、17世紀の中頃のことでした。このコーヒーハウスが次第に大衆化して一般人にも門戸を開くようになり、やがて紅茶はそこから各家庭にも入り込んで、食料品店でも売られるようになって市場は拡大していきました。

その後イギリスは世界に先駆けて、産業革命を成功させると中産階級を中心に食生活にも大きな変化を生じ、紅茶はすっかり人々の生活の中に定着していきました。19世紀に入ってから、イギリスが植民地のインドやスリランカ(当時はセイロン)でお茶の栽培に成功すると19世紀末迄には中国紅茶をすっかり凌駕するようになりました。

 

 
 紅茶の等級

 

紅茶は、葉の状態によってフルリーフ(全葉の茶葉)、ブロークン(砕いた茶葉)、ファニング(粉砕した茶葉)の3つに分類されます。

フルリーフ(全葉)の紅茶の等級

S スーチョン お茶の木の下の方の大きな葉
P. S. ペコ・スーチョン 太く短い葉
P ペコ 短い葉
O.P. オレンジ・ペコ 若い葉
F.O.P. フラワリー・オレンジ・ペコ ティップスを多く含む
G.F.O.P. ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ ゴールデンティップスを含む
T.G.F.O.P. ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ ゴールデンティップスをとても多く含む
F.T.G.F.O.P.
S.T.G.F.O.P.
ファイン(スペシャル)・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ ゴールデンティップスが殆ど
S.F.T.G.F.O.P. スペシャル・ファイン・ティッピー・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ ゴールデンティップスの質、量ともに最上級。

最後に"1"が付与されている場合は、さらに等級が上がることを意味する場合と、春摘みのファーストフラッシュを意味する場合とあります。

等級が高いから絶対おいしいという保証はありません。年度によって異なったり、自分の味覚で銘柄によってはおいしくないと感じることも多々あります。自分の舌で自分にあった茶葉を見つけられるとよいと思います。

なお、ブロークン(砕いた茶葉)の等級は、

B.P.S.(ブロークン・ペコ・スーチョン)
B.O.P.(ブロークン・オレンジ・ペコ)
F.B.O.P.(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコ)
G.B.O.P.(ゴールデン・ブロークン・オレンジ・ペコ)
T.G.B.O.P.(ティッピー・ゴールデン・ブロークン・オレンジ・ペコ)

などがあり、たとえばB.O.P.はF.O.P.と同じ等級の茶葉です。